エルメスのこだわりカテゴリの記事一覧

エルメスの高品質へのこだわり

エルメスブームは地元フランスでも日本以上です。
その中でも一番の人気はケリーで、その上質さは他をよせつけません。

アトリエ
エルメスの本店はパリのフォーブル・サントノーレにあります。その上質なバッグが製造されるアトリエは、本店から自動車で約30分も隔てたパンタンという小さな街にあるそうです。
ケリーなどの原材料の革は「革保管部」というところで厳重に保存されていて、世界中から上質の革がこのアトリエに集められています。ここで革は、温度や湿度等細心の注意を払って保存されます。

革の使用部位
革のどの部分を使用するかはとても重要で、牛革の場合はショルダー部(首に近い部分)、バット部(背中)、ベリー部(腹に近い部分)に分けられますが、エルメスが使用するのは一番丈夫なバット部だけといわれています。またこの牛革も、1万頭に30枚しかとれないといわれる無傷のバットのみ使用されます。
ダチョウやアリゲーターもしかりで、1つのバッグを作るのに、とんでもないほど厳選された革が選ばれています。
そのため、何十年たっても使い続けられる丈夫なバッグが製作されるというわけです。

エルメスの丈夫さに対するこだわり・・
丈夫さにこれほどまでこだわるのは、エルメスが以前馬具メーカーであったためで、当時「馬具といばエルメス」というほど評判であったそうです。そのためナポレオン3世や、ロシア皇帝ニコライ2世もエルメスの馬具を愛用していたといわれています。

現在でもエルメスのアトリエの屋上にはHERMES/SELLIER(鞍屋エルメス)が残っていて、今でも完成まで1つ27時間かけて馬具を作り続けているそうです。
エルメスの皮革材料セール
エルメスはバッグ製作に使用しなかった革を年に一度、各国の皮革商社を集めて販売しています。これらの革はエルメスの皮革チェックにはずれたとはいえ、高品質な皮革であることには違いなく、このセールで販売された皮革は各国の高級ブランドに売却され、製品を製作するのに使用されているそうです。いかに良い材料のみをエルメスが使用しているかの証拠でもありますね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。